コラーゲンの摂取を効率的に行なうなら低分子コラーゲンが重要

経皮と経口はどちらが吉か

目を閉じる女性

肌のハリツヤに良いとされ、注目を浴びている成分がコラーゲンです。コラーゲン入りの商品もたくさんでています。しかし、一番効率が良いのはどうしたらいいのかという考えに至った人も多いのではないでしょうか。まずコラーゲンを摂取する場合、基本的には3種類の方法があります。美容外科などでの施術で受けるコラーゲン注射、食品や飲料から摂る経口摂取、化粧品やケアアイテムから摂る経皮摂取です。日常的にコラーゲン摂取を行なうと考えると、コストが高い美容外科での施術はなるべく後回しにしたいものですね。そうなると、一番効率は良いのは経皮か経口のどっちの摂取が良いのかとなります。しわやたるみの改善に効果が高いのは、実は経口摂取なのです。ただし、コラーゲンの分子は大きいためそのまま吸収されることはありません。まずコラーゲンを摂取したら、腸内で分解されていきます。分解後、ペプチドになり、さらに分解されてアミノ酸になります。ここの分解が十分に行われていないと吸収がされにくく、そのまま排出されてしまう恐れがあります。経皮摂取では分子が大きいので、真皮層へ届きません。しかし、低分子コラーゲンという分子を小さくしたコラーゲンなら真皮層まで届きます。同じく、低分子コラーゲンの経口摂取も分解が十分に行われなくても分子が小さいので吸収されやすくなります。コラーゲン商品を選ぶときには低分子コラーゲンを利用している商品を選ぶことで、効率的にコラーゲンを摂取することができます。

肝臓を助けよう

貝

肝臓のヘルプサポーター。しじみに含まれるオルニチンは解毒の働きを行なう重要なアミノ酸です。暴飲暴食や飲酒が好きな人、脂肪肝や肝臓障害の疑いがある人は、オルニチンを積極的に摂り入れましょう。

冷えは健康の敵

女性

冷え性は多くの不調の呼び水です。倦怠感や頭痛に悩まされているなら、冷え退治に乗り出しましょう。間違った対策では余計な症状を増やす恐れがあります。温活は、しっかりと知識を蓄えて行ないましょう。

腸内環境の改善効果

ヨーグルト

ヨーグルトや乳酸飲料に含まれる乳酸菌。腸内環境の正常化を行なうことで便秘解消や美肌に効果を発揮します。免疫効果も高くなるのでアレルギー対策やウイルス対策にも効果があります。